エッセイ:15分一本勝負!三大喜劇王で何故チャップリンがやたらと日本で有名なのか

0

    JUGEMテーマ:エッセイ

    JUGEMテーマ:映画

    JUGEMテーマ:コメディ映画全般

     

    どうも皆さんゴールデンアームボンバー、邪外です。輪島関がプロレスラーに転向したときの必殺技ですね。この技がきっかけにして、田上明選手をスターに押し上げた喉輪落としが生まれたそうです。

    久しぶりの15分一本勝負エッセイ!こういうことを名乗っておきながら、裏で2時間かかっていたりしたらヤラセになるんでしょうね。

     

    今回のテーマは、世界三大喜劇王の中でチャップリンが日本でやたらと有名なのはなぜなのか考えてみます。

    本来ならば、顔写真を掲載して比較するのが分かりやすいとは思いますが、みなさんの知的好奇心の育成、私の手間のエコロジー化、話したい内容、いずれにも則しているので、あえて顔写真を掲載せずに話を進めていこうと思います。

    まず、3人の見た目を言葉で説明します。

     

    チャールズ・チャップリン

    ・・・もじゃもじゃの髪の毛、山型の防止、鼻の下のチョビ髭、強調された目。

     

    ハロルド・ロイド

    ・・・ジョン・レノンのアレ、と言った方が分かる安いでおなじみ丸眼鏡ことロイド眼鏡。

     

    バスター・キートン

    ・・・この中では1番イケメンだと個人的に思っています。

     

    はい、もう、チャップリンの見た目以外頭に浮かばないでしょ?たぶん、これって凄い大きいんだと思います。もちろん、チャップリンの作品がたくさんあったり、「黄金狂時代」だの「殺人狂時代」だの「街の灯り」だの代表作があったり、日本人の笑いのセンスに近かったとかあるんでしょうけど、やっぱり、見た目が結構大きいんじゃないかと。

     

    もしもあなたが、映画の歴史とかについて授業をしますよ、ってなった時、三大喜劇王を紹介しよう!と思い立ったとします。相手は古い映画とか微塵も知らない子供たち、そうですね、中学生手前くらいにしましょうか。それくらいの子供たちです。そういった対象に、まずファーストコンタクトとして興味を持ってもらうなら、上記3人のうち、誰のイラスト、写真を掲載しますか?シンキングタイムスタート!

    ・・・・・・・・はい、時間切れ。よっぽど昔の映画に詳しくて、且つ性格がひねくれている人以外はチャップリンを選んだんじゃないでしょうか?小さな子供でも見てわかるファニーな外見、絶対「むむ?何やつ?!」ってなると思いませんか?キートンやロイドだった場合、知っている人は「お、ロイドだ」「お、キートンだ」ってなるかかもしれませんが、知らない人、特に子供なんてのは「お、シソンヌのじろうだ」「誰だ」ってなること確実なわけです。

     

    以上のことを踏まえてわかる通り、チャップリンはとても「分かりやすい」外見をしていたんですね。誰が見ても興味を持つ、日常にはまずいないであろう外見。これが、チャップリンが、少なくとも日本では1番有名である理由なんじゃないかなぁ、と、私ゃ思うわけですよ。

     

    はい、15分!ギリギリ!ギリギリピエロ・ヒキツリピカソ!


    << | 2/82PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM