私のプロレス技論〜説明編〜

0

    JUGEMテーマ:プロレス

     

    どうも皆さんヨーロピアンクラッチ、邪外です。プロレスって見始めは「頭から落とす技スゲー!」「断崖技スゲー!」「飛び技スゲー!」って思ってましたけど、しばらくすると丸め込みとかサブミッションに魅力感じはじめ、最終的にどの技にも愛着が持てるようになりますよね。

     

    で、今回はプロレス技について、しかも、それを説明するときについてです。説明と言っても、足4の字固めのかけ方とか、卍固めのかけ方とかそういうのではなく、よくプロレスを知らない人から言われがちのこの一言についてです。

     

    「この技って痛い(効く)の?」

     

    ・・・この疑問って、プロレスを純粋に見てる人は「痛いに決まってんだろオマエ!ナニコラ!タココラ!」ってテンションで押し切れるんですけど、なまじ、素人レベルでプロレスの裏側云々を知っている人からすると、説明が意外と難しかったりするんですよね。ここで「まぁ、プロレスにはシナリオがあるからさ・・・」とか説明するのも、なんかイヤですし。

    そこで、私はこうやって説明するようにしています。

     

    「プロレス技は、関節技と丸め込み以外は精神的ダメージを与えるのが目的だから」

     

    ・・・だって、早い話、どんな技で叩きつけられても、どんなラリアット食らっても、耐久力…ゲーム的に言えばヒットポイントって、そこはもう個人差になってくるじゃないですか。なので、もうプロレス技は、相手の精神面にダメージを与えて肩を上げることができないようにすれば勝ちって考えると説明が楽だとおもんですよね。で、ここでさらに、こう聞かれることもあるでしょう。

     

    「精神的ダメージを与えるってどういうことよ?」

     

    ・・・こう聞かれたら、こう答えます。

     

    「ゲームでいうなら、TP(MP、SPなどでも可)を削るってこと」

     

    ・・・こうやって説明すると、なんだかんだ世の中の人はゲームを遊んだことがあるので、納得してくれます。ここで下手に、「いやいや、見た目が派手だから効くに決まってんじゃん」とか言うと、揚げ足取りされる可能性があるので、シンプルに「派手な技は見た目が凄いから、精神的にも「やられた!」ってダメージを負うわけよ」って説明しちゃえば、この「プロレス技って痛いの?」論争に簡単に終止符を打てるわけですよ。

     

    そうそう、たまにツームストンパイルドライバーに対して「頭が当たってない」って言う人いますけど、あんな技で頭突き刺さってたら、命がいくつあっても足りないでしょ。あれを当たってないけど、説得力を持たせるのがプロレスの醍醐味みたいなところがあるわけで、その辺を理解しないと、ただの痛いファンになってしまいますよ。


    << | 2/27PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM