エッセイ:ニーチェ(笑)

0

    JUGEMテーマ:エッセイ

     

    どうも皆さんアナコンダバイス、邪外です。天山広吉選手の必殺技ですね。ムーンサルトプレスも最近は見ていませんが、TTDの方が見ていないですよね。テンザン・ツームストン・パイルドライバーでしたっけ?

     

    さて、私生活では、言葉・発言、文章に対して屁理屈を述べたり考えたりしている私ですが、その中でも圧倒的に屁理屈を作りやすい人ってのがいるもんです。それは、屁理屈屋です。策士策に溺れるとか、近親憎悪とか言いますけども、そんな感じで、だいたい屁理屈ばっかり言ってる人ってのは屁理屈で返せるもんです。

    で・ね、どんな人が屁理屈屋かと言いますと、まず1つは意識高い系の人です。私のブログでは、あまり人の悪口を言わないでおなじみの私からもさんざんディスられていますよね。薄っぺらい人のことです。SNSとかでよく見ますよね。私は「意識高い系をディスる意識高い系」なのでわかります。そしてもう1つが・・・

     

    哲学者

     

    ・・・です。あの人たちって、何となくまぜっかえしている人がほとんどなんですよ。社会学者の方がまだ仕事してるんじゃないの?ってレベルです。あ、仕事をしてる社会学者さんもいますよ。私が言う社会学者って言うのは・・・いらない敵を作りそうなのでやめておきます。

    まぁ、何にせよ屁理屈王とも称するべき人物がいます。それが、ニーチェです。てことで、今回はニーチェの言葉を5つくらい抜粋して、まぜっかえしたりツッコミを入れてみようと思います。

    ※私の思想は関係ないです。なぜなら、私は自分の思想関係なしにまぜっかえす日常だからです。

    ※言葉の真意とかも関係ないです。イジりたいだけだから。

    ※ただのジョークです。

     

    1.あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう

    ・・・ジャンプかよ

    2.たいていの男たちは、誰も彼らの妻をかっさらってくれないことを嘆く

    ・・・綾小路きみまろさんが言ってそうですよね。「あぁ、あの人に心を奪われたわ!あれから40年!今や旦那は妻をどっかに連れ去る怪盗を待ちわびている」的な。

    3.人は女を深いと言う。なぜか?女の場合、そこまで行けないからだ。女は浅くもさえないのだ

    ・・・なんてことを言うんだ。今の時代でこんなことを政治家がいったら何を言われるか。日本には「女の浅知恵」って言葉がありますけどね。

    4.祝福できないなら呪うことを学べ

    ・・・性格の悪い奴に匙を投げる時の言葉以外なんだというのだ。「もう、いいよ。それなら人を呪う方法でも学んでればいいじゃねぇかバーカ!」って感じ。

    5.地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚は様々な病気を持っている。その病気の1つが人間である。

    ・・・RPGに出てくる宗教系の魔王が言いますよね。世界の病たる人間を、我が手で滅ぼしてやろう!的な。体に抱える数多もの病が相殺し合って健康になっている、Dr.シャマル(家庭教師ヒットマンリボーン)を見習って欲しいですね。

     

    ・・・だいたいこんな感じですね。はい。無駄に敵を作りそうですね。ちゃんと※のところ読んでね!読んで怒られたらもう何も言えないんだけどね!それでは!


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.17 Tuesday
      • -
      • 23:05
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM