エッセイ?:アリオ―シュのジレンマ

0

    JUGEMテーマ:ゲーム

    JUGEMテーマ:エッセイ

     

    どうも皆さんポイズンクッキング、邪外です。たまにはプロレスとも相撲とも関係ない言葉にしてみました。家庭教師ヒットマンリボーンの女子キャラなら、ビアンキかクローム髑髏が好きです。

     

    ドラッグオンドラグーンの1、言い方を変えれば無印には、3人の仲間キャラクターがいます。1人がオナ兄さんことレオナール、2にも登場するセエレこの2人も中々に癖(性癖?)があったりするのですが、この2人を凌駕するヤバさを持つのがもう1人の仲間、アリオーシュです。

    エルフというのもあり、長身で美貌の持ち主なのですが、心は完全に破綻しきっています。説明書レベルの速さで崩壊しているので、別にネタバレにならないので助かります。

    元々は、夫と子供に囲まれて平凡な生活を送る主婦だったアリオーシュですが、ある日帝国軍の襲撃を受けて、目の前で夫と子供を殺されてしまいます。その時から彼女は豹変、連続殺人鬼・食人鬼へと変貌しました。しかも、その対象はすべて子供。年端も行かない子供を殺しては、体の一部を胃の中に収めるという凶行に走るようになりました。やがて、彼女は帝国軍に捕らえられ、死刑執行を待つ身(実は、収監時に看守の指を食い千切ってたりもする)となります。しかし、運命は不思議なもので、主人公たちと帝国軍の戦いの中で牢獄が損壊。それと同時に、アリオーシュの狂気と、自分たちが持たない「子供」という概念とそれ屁の執着心に惹かれた精霊、サラマンダーとウンディーネが彼女のもとへ契約を持ち掛けます。アリオーシュはそれを理解しているのか理解していないかは不明ですが、契約。その後、主人公たちと出会った結果「このまま放置するよりは、観察下に置くべき」ということで、戦いに同行することになりました。

     

    アリオーシュはいたるところで、子供への執着心を見せ、プレイキャラとして後退するときも「私の子供はどこ?!」と、かなり錯乱した様子を見せます。また、アリオーシュがなぜ子供を食べるかと言うと、実は母性の現れなんだそうです。目の前で殺されてしまった子供、そんな弱い子供を守るために、自分の体の中へ収めてしまおう、それが彼女の思想のようです。そういう魚じゃないんだから。

     

    でも、実は彼女は相当なジレンマを持っています。彼女は子供に執着をしている。つまり、もしも狂っていなければ、彼女は再び子供を宿したいと思っていたし、別の人との子を成していた可能性もあるわけです。しかし、狂ってしまった。しかも、精霊との契約には代償が必要です。アリオーシュにとっての代償は

     

    子宮

     

    ・・・そう、子供を作るためには絶対的に必要な内臓、子宮を彼女は失いました。結果として言えば、彼女はこの契約によって、二度と自分の子供を見ることのできない体になってしまったというわけです。あれほど子供に執着を見せているのに、他人の子供を自分の子供だと妄信して、食すことしかできなくなってしまったわけです。こんなに狂気的で悲しいジレンマが世の中にあるものでしょうか。

    むしろ、狂っている状態で契約したのが救いだったのかもしれません。冷静に自分を見ていられる状況だとしたら、恐らく、もっと酷い狂い方をしていたでしょうからね。

     

    そうそう、彼女の武器は「悲しみの棘」という名前なんですよ。それを持つと、あらゆる欲求が高まるんですって。あらゆる欲求。そう、あらゆる欲求。

    ・・・・ね?


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.07 Tuesday
      • -
      • 23:47
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM