今夜で店じまい、今度も店じまい、何度も店じまい

0

    JUGEMテーマ:読書

    JUGEMテーマ:音楽

    JUGEMテーマ:映画

     

    どうも皆さんドラゴンスクリュー、邪外です。もはやだれでも自由に使う技になってきましたよね。おかげで、何がドラゴンかは知らない人もいいのでは?ところで、ここ最近パソコンの調子が偉い悪いんですけど、何なんでしょうね。許せぬ。

     

    さて、今回はちょっと、JUGEMテーマやカテゴリーで迷いました。だって、扱いがDVDBOOKなんだもの。デアゴスティーニとかが出すアレとはまた違う気もしますし。とりあえず書籍扱いなので読書にしておきました。

     

    記事タイトルにもなっている3つ名前、これは宮崎吐夢さんがweb上の企画などで作成していた音声と音楽、そして絵で構築されたコントをまとめたDVDになります。それぞれにブックレットがついていて、ライムスターの宇多丸さんや、清水ミチコさん、戸川純さんなどとの対談のほか、作品の解説、謎の小説などが含まれていて、読み応えバッチリです。

    宮崎吐夢さんは大人計画とかの舞台に出たりしている役者さんで、声優さんもやってたりします。で、web上の企画でやったコントのうち、「開国をお願いするペリー」「ピアノ教室」「バストカップ占いの歌」「ここがあの女のハウスね」などが本人の知らないところで有名になり、本人の知らない(ネットすらろくに使用したことがなかった)うちに結構な有名人になっていたという、風変わりな人です。

     

    このDVDに入っているコント、ほとんどがこうなっております。

     

    下ネタ

     

    びっくりするぐらいの下ネタの多さ。地上波の深夜もギリギリよってレベルの下ネタがバチスコバチスコ出てきます。結構、コミックソングみたいなのも多いんですけど、それの曲の質がまた妙にいいので、歌詞のくだらなさと相まって腹筋が崩壊します。あ、下ネタが多いとは言いましたけど、ストリートミュージシャンシリーズや、邪馬台国がどっちにあったのか?というコントアニメ(これが分かりやすい表現だ!)は下ネタよりもくだらなさ優先で、ぶっちゃけ、誰か芸人さんが再現したら賞レースでいいところまでいくんじゃないのか?ってレベルでよくできてますし、面白いです。もっとも、コンプライアンス的な問題で苦情が来るとは思います。

    ただ、このDVDのくだらなさ、とても心地よいです。交差点のど真ん中で寝てみたとかブスババヌキとかみたいな、大人が大人の思考で考える不快なくだらなさじゃなくて、いい年こいた大人が子供の頭で考える笑えるくだらなさなので、自然と元気になります。みうらじゅん先生の下ネタをねじ込んだ解釈や、関根勤先生の妄想シリーズみたいな感じですかね。

     

    どれもこれも10年は前の作品なので、ネットで手に入れるしかない(1、2作目はもう中古しかない)ですが、ぜひ見ていただきたいです。本当、ただただ笑えますから。


    | 1/11PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM