シティボーイズ

0

    JUGEMテーマ:お笑い

     

    みなさん、シティボーイズって知ってます?

    ASH&D所属のコメディアン・グループ、わかりやすく言えば喜劇集団です。

    メンバーは、テレビで見たことのあることも多い大竹まことさん、斉木しげるさん、きたろうさんです。数年前の公演で「一応は」ファイナルって銘打ってるので、ここ数年は行っていませんが、今までは年に1度公演を行っていました。

     

    その内容としては、短いものから長いものまで含めた喜劇が何本か入ってるんですけど、そのどれもがどこか繋がっていたりするんですよ。最初に出てきたワードが最後の喜劇のオチになっているとかいうこともありまして、観た後に「いい劇をみたなぁ」って気持ちになります。また、やっている中身も、会社員の雑談のような我々の生活の身近なところから取っているものもあれば、穴に挟まった人々の会話劇のような意味不明でシュールなもの、原発問題について議論する社会風刺的なものもあり、そのどれもが展開を読むことができないんです。

    また、シティボーイズの公演における楽しみの1つに「ゲスト」の存在があります。ファイナルをはじめ、公演によっては正式メンバーの3人だけということもありますが、結構ゲストがいることが多いんですね。特に多いのはいとうせいこうさんと中村有志さんの2人でして、めちゃんこ若いころから年を食っていくさまがDVDを観ているとわかります。そこじゃないですね。

    さて、普通はお笑い芸人さんはコンビでもトリオでも、ボケとツッコミがいるもの(笑い飯はダブルボケでダブルツッコミだから特例)ですが、シティボーイズにはそれがありません。というのも、最初から世界観が狂っていたり、サラッとしたボケをいなすようなやり取りが多いので、思いっくそツッコミを入れた人が次のシーンで大ボケに回るということも多々あります。ただ、傾向としては大竹まことさんがツッコミで、斉木しげるさんが大ボケ、きたろうさんがその間ってことが多いですかね。前述のいとうせいこうさんと中村有志さんは話によって大きく変わりますが、中村さんのボケは強力過ぎて笑いが止まらなくなります。そういえば、いとうせいこうフェスでも「宝くじが当たった男」とかいう題名でひたすら喚いていた記憶があります。Funky Kingからもわかるように、あの人は狂気です。面白い狂気。

    このグループの公演は本当に面白いです。こう、お腹抱えて大爆笑って感じではなく「ふふ、ふふふふふ!」っていうオシャレな笑いですよね。本当に。

     

    現在、DVDBOXと単行のDVDが発売されてたり、レンタルされてたりするので、一度ご覧下さい。ハマりますから。本当に。

     

    P.S.いとうせいこうさんの本業って結局何なんでしょうか?みうらじゅん先生みたいに「など」でしょうか。


    | 1/3PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM