関ヶ原の戦いは悪条件が幸いした戦いだったかもしれない

0

    JUGEMテーマ:歴史

     

    関ヶ原の戦いと言えば、戦国時代でも最大規模の合戦にして、実質的には豊臣家が権力を失った戦いでもあります。

    さて、この戦いはよく石田三成 VS 徳川家康の戦いだと言われますが、実際のところは

     

    毛利輝元を総大将にしたうえで石田三成が指揮を執った軍隊with成り行き軍 VS 徳川の上杉征伐についていった&豊臣見限り軍

     

    の戦いなんですよね。

    で、ね。本当は関ヶ原について物凄い熱く語りたいんですけど、そうすると何時間書けばいいのかわからないので、本戦での戦いぶりをピックアップしてみます。

    最終的に東軍が勝ったことから、つい圧勝のまま終わったと思われがちの関ヶ原の戦いですが、実際のところ、小早川秀秋が寝返るまでは西軍がかなり優勢だったことが、東軍側の資料からもわかります。これは、驚くべきことです。というのも、東軍は7〜8万の兵士が関ヶ原の中央にいたのに対し、西軍は石田三成、宇喜多秀家、大谷吉継だけが奮戦し、小西は積極的に戦わず、島津は不可解な行動をとり、毛利・長曾我部・安国寺・長束は山に集ったまま動きませんでした。大谷も来た敵を倒すのが手いっぱいだったので、実質動いていた軍隊は多くて3万くらいのはずです。圧倒的な物量差です。ですが、西軍は大筒まで持ち出してかなり善戦したいたようです。

    これは、実は西軍の数が少なく、密集していなかったからこそできた芸当なんですね。西軍も東軍も目的は勝利なわけですが、西軍はほぼ石田と宇喜多と大谷だけが頑張っていました。この3つの部隊が比較的離れたところにいたことが奮戦の鍵です。1つの家の軍隊だけだから、統率が簡単に取れちゃうんです。特に、三成は政治が得意なので、農民でもある雑兵からの信望は厚かったというのもあり、かなり統率が取れていました。宇喜多も歴戦の将が生きていましたし、大谷は誰もが認めた戦巧者です。一方の東軍は、みんなが西軍を倒すことを目的にしていても、いるのはみんな大なり小なり大名です。となると、それぞれが自分の家の指揮を取ります。それが、何万と近くに密集したら、混乱しますよね?だから、東軍は何度も押し返されるに至ったわけです。もっとも、物量差はあったので、時間の問題だったかもしれませんが、かなり歴史的な奮戦と言えるでしょう。

    秀吉が朝鮮、中国侵略を目論んだ、文禄・慶長の役のさい、島津義弘率いる島津軍が鬼神のごとき働きをしたことがあります。その際に島津軍は、10倍に近い敵を打ち破ったとされています。これも、島津軍という統制の取れた勇猛な軍隊だからできたことで、これが島津、加藤、小西、伊達あたりがまとまっていたら、「敵の追撃を振り切った」程度の戦いとしか残らなかったでしょう。

    関ヶ原においては、島津が動かず(何なら、総崩れ後に逃げ込んできた西軍にまで発砲している)、毛利一郡が南宮山から動かず、小早川も松尾山から動かずという悪条件の中で戦場で戦う軍が整理されたことが、あれだけの奮戦を可能にしたのだと言えるでしょう。

     

    もっとも、それでも西軍は敗北したので結果は黒星でしたが、豊臣家恩顧の力を最後に見せた戦いだったんじゃないですかねぇ?


    エッセイ:顔が見えないということ

    0

      JUGEMテーマ:エッセイ

       

      どうも皆さんキャメルクラッチ。邪外です。ザ・シークの必殺技ですね。火炎おじさん。

       

      さて、SNS然りこのブログ然りですが、やっている人の顔って基本的に見えませんよね。有名人とか、知り合いが見るだけみたいなSNSならまだしも、そうじゃない人がほとんどだと思います。大概の人は、アイコンは絵とか、動物の写真とか、アニメやゲームの画像とか、好きな芸能人の写真とかじゃないですか?

      SNSでしばしば、芸能人とかでもないのに炎上する人っているじゃないですか?芸能人については、やっぱり過去の身分制度の意識があるのか、芸能界を下に見て叩く連中がいるのでチョットしたことでも炎上しちゃうんですけど、そうでもないのに炎上する人ってすごいですよね。どれだけ悪いことしてんだっていうね。あと暴言とか。で、ね。まぁ、イキり発言とかも多いじゃないですか。いちいち、企業の公式アカウントに向けてそれ言う?みたいなこと言ってる人。また、違う意味の炎上だと、なんか疑問みたいなのを提起して話題になる人もいますね。私は、Twitterについては情報入手と交流が主な目的で、別に思想とかを表明して共感を得ようとしてやってないですし、真面目な人・真面目ぶってる人だと思われるのも嫌ですし、ましてやネット界の社会派みたいなみっともない・・・じゃなくて痛々しい・・・じゃなくて謎の承認欲求・・・でもなくて、カタブツにならないように頑張っているので駄洒落とショーモナイ思い付きばっかり呟いては見返して「なんだこれ?」ってなってるんですけど、このSNS社会派連中はまた別の話。

       

      で、こういったSNSとかでイキれたりするのって、確実に顔が見えてないからなんですよね。例えば、渋谷のハロウィン。ゴミ散らかす、裸になる、痴漢が出る、トラックひっくり返す・・・もう無茶苦茶ですよね。で、こういったのって普段の渋谷なら絶対に出ないんですよ。ですが、ハロウィンで仮装をしていたり、周りの人が仮装をしていたりすると、多くの人の正体が不明になるんです。要するに、全員が不特定多数化しちゃうんですよ。そうなると、「個人である」という潜在意識より「俺、不特定多数」っていう思いが強くなり、普段できないような行動や言動、欲望の発露が発生すると思うんです。

      昔の話ですが、お祭りってあるじゃないですか?あれって、昔はお面をつけて参加してたんですよ。だから、全員が不特定多数。知らない人は札付きのワルが入り込んでいてもわからない。だから人が攫われたりするわけなんですけど、このお祭り、特に盆踊りが近代になると禁止にされたんですよ。というのも、みんながお面をつけている=全員が不特定多数。当時は貧しい時代です。色々とフラストレーションなどが溜まっていくわけです。となると、わかりますね?男女問わずいろんなところで本能のままに性行為に及ぶ人々が現れるんですよ。だから、祭りから月日が経つと、父親が分からない子供が結構現れてたみたいなんです。当時は村単位で集団を構成していたので、あんまりトラブルにもならなかったようですが、何にせよ、顔が隠れている故に男女ともにそういう行為に及んでいたと捉えられるわけです。そりゃ、風紀の乱れとして禁止にしますよね。今でも、一部のお祭りではそういう行為に及ぶ人々がいるらしいですが。

       

      さて、結論ですね。要するに、SNSでイキり倒す人は一度鏡を見て自分の顔を確認しろってことです。今は情報の時代。顔を出していなくても、炎上すれば知り合いが情報を流す可能性だって十分にあるわけです。現によく見ますしね。自分は何者か?それを自覚しないと、取り返しのつかないトラブルに巻き込まれますよ。ブログに輪をかけて、Twitterの拡散力は大きく、全然関係ない人が偶然見る確率だって高いわけですから。気を付けないと。(たまぁぁにいる、鍵もつけないで世界に向けて発信してるのに、反応されると怒る人は高度なセルフSMプレイでもしているのでしょうか?)

       

      どう?たまには真面目なことも言えるでしょう?


      エッセイ:昔の作品でよく見るアレ

      0

        JUGEMテーマ:エッセイ

        JUGEMテーマ:読書

         

        どうもみなさん、つっぱり電車道。邪外です。どすこい。

         

        ビデオやDVD、テレビとかで、古い映画やドラマ、アニメを見るときや、昔の小説の最後のページにこんな感じの文言が入ってくることありません?

         

        「オリジナル版を尊重して・・・」

        「現代の観点から見れば不適切・・・」

         

        こんな感じの。要するに、当時はみんなが使っていた言葉だけど、今使わない方がいいよね!って言葉です。例えば(ここは具体例ですので、伏字とかなしでいきます)、キチガイ、ロンパリ(斜視。ロンドンとパリを見ているかららしい)、ツンボ(聴覚障害)、メイクラ(盲目)、毛唐(外国人)とかが有名ですかね。大概はいわゆる差別用語ってやつで、相手のことを侮蔑したような意味合いが強いです。大体、今50歳くらいの人は(人種差別的な言葉を除いて)この辺の言葉を子供の頃は日常的に使っていたんじゃないでしょうか?少なくとも、その親は。まぁ、そういうのもあって、映画とか見てるそういう言葉は大量に出てくるわけです。江戸川乱歩や横溝正史の小説を始めとした昔の小説では、明確な差別用語は用いていませんが同性愛や同性愛者のことを「精神異常」「変質者」「変態性欲」などと表記しているのはよく見ることですね。キチガイについては、ぶっ飛んでるって意味で一頭がおかしい人から精神病者まで含むので、かなり広い範囲で用いられている言葉となっています。あと、「男のくせに」とか「女のくせに」なんてのは普通に出てきますよね。当時は、異性間だけじゃなく、同性間でもそういうやり取りはありましたから。いまでもあるっちゃありますけどね。

        大体の言葉は、時間の流れと共にどこかに消え去り、大体の人は使うことなく生活しています。もっとも、インターネットという、情報がいつまでも残り続ける悪魔の世界においては、掲示板やSNSで差別用語を気軽に使うチョットアタマガオカシイヒトをよく見ますけどね。私は、ああいう人は勉強による教養じゃなく、生活と雑学からのみ得られる知恵が足りないんだろうなぁ、と思っています。

         

        で、実はこういった規制って言葉の面に多い一方で映像(特にアメリカ産のとかね)とかは少し緩い(最近は厳しすぎ!よく見ていないのに批判する)節があるので、気づいていないところってあるんですよ。

        例えば、これは半分噂ですが、ミッキーが白い手袋をしているのって、白色人種だからって意味合いがあるらしいんですよ。肌が黒いと黒色人種になってしまうからって。だから、黄色いプルートは黄色人種のイメージなので、同じ動物でもペットになっているらしいんですね。ウォルトやディズニーそのものの性格を根拠にするとあり得ない話ではなさそうですが、向こう側は明言をしていないのいかんともしがたい。

        そして、もう1つがかの名作『指輪物語』です。「ロード・オブ・ザ・リング」として映画化もされましたよね。この作品には、人間、エルフ、ドワーフ、ホビットなど様々な種族が出てきますが、その中でも敵としてオーク、ウルク=ハイ、トロルなどがいる中に、褐色人、ハラドリム、東夷というの人種がいます。この作品が書かれたのは戦争よりも前、思想以前に社会制度や歴史として人種に溝が深かった時代です。なので、トールキンは中東、アフリカ、アジアをイメージしてこの3種族を描いたと推測されます。

        ハラドリム→肌が黒く、手足が長い=黒色人種のステレオタイプ的な特徴

        褐色人→肌の色から明らかにアラブを始めとした中東人〜アジア人

        東夷→背は低いががっちりとしており、勇猛→アジア人のステレオタイプ的イメージ。遊牧しているという情報は、モンゴルかな?

        とまぁ、こんな感じになっています。映画版に出てくるハラドリムの衣装のうち、リーダーは未開の地の部族のようで、兵士の服装は寧ろインドの盗賊をイメージさせます。東夷の鎧は、日本や中国の鎧とよく似ていますよね。

         

        普通に見ている分には気が付かないんですけど、ちょっと角度を変えてみてみると、歴史的、民俗学的背景が見えてくるので面白いですよね。みなさんも、古い映画や本から隠れた認識を探してみませんか?


        WWEがなぜウケるのか、スカポンタンなりに考えてみた

        0

          JUGEMテーマ:歴史

           

          どうも、みなさんコブラツイスト。邪外です。

           

          みなさんは、WWEってご存知ですか?昔は日本でも放送していたりしたので知っている人もいるかもしれませんが、現在はCS局でやっているくらいなので、知らない人も多いでしょう。簡単に言うと、アメリカどころか世界最大のプロレス団体です。億単位の人が視聴しているレベルです。かつてはWWFだったりもしますが、結局はWWEって名前が定着してますね。

           

          俳優として活躍しているドウェイン・ジョンソンはかつてはWWEにおいてロックという名前で活動し、超絶人気のスーパースターでしたし、日本でもお馴染みのハルク・ホーガン、クリス・ジェリコもかつてはそうでした。あと、五輪金メダリストであるカート・アングルもWWEに在籍(アングルは在籍どころかGM)しています。

          そんなWWEの特徴ですが、今現在いくつかの部門に分かれています。1番有名で、テレビとかで見る映像は大概がロウ、もしくはスマックダウンで、WWE入団したての選手はNXTや205Liveにいることが多いですね。ロウだと、セス・ロリンズやカート・アングル、ローマン・レインズが有名で、スマックダウンなら、中邑真輔、ASUKA(華名)などがいますね。

          そして、WWE最大の特徴は、試合の合間に流れるドラマです。これはもう、完全に言い切ります。ドラマです。一々、でかいモニターにバックステージの映像が流れて、怪奇派レスラーがトイレの中から現れるとか、ベビーフェイスが何者かに襲撃されるとか、誰かと誰かの恋愛話だとか、そういうのが合間に流れるんですよ。とくに、ロウなんてのはそれが顕著で、試合ですらそんな感じのところあります。そういったドラマ性が世界で人気を博す要因の1つとも言えるでしょう。もちろん、受け身がうまいというのが第一条件ですが!

           

          では、日本のプロレス業界もこういうことした方がいいんでないの?とも思われますが、恐らく、日本でロウみたいなことをしても人気は出ないでしょう。日本のプロレスは力道山から始まり、アントニオ猪木選手やジャイアント馬場選手が作り上げたものが基礎にあります。なので、ドラマもいいけど、試合の内容やエキサイト具合が第一に来るわけです。なので、日本ではジャーマンスープレックスなどを頻繁に出しますが、WWEでは危険技ということで禁止にされています。ですが、日本でそういった投げ技などを封印したら、かなりコアなお客さんしかこないんじゃないかなぁ?と思います。あくまで、非現実性を求めてくるわけですからね。また、日本のプロレスは格闘技とスポーツとエンターテインメントの中間という、かなり複雑な場所にいることから、どれか1つにふり幅を振ると、大変なことになるんですよ。格闘路線に走りすぎたり、エンタメに走りすぎたり・・・新日本プロレスが低迷した時期もそんなんでしたよね。レッスルランドとか。ハッスルじゃあるまいし。

          そもそも、WWEは最初から名前に「エンターテインメント」って入れているので、ドラマが入ってたり「そんな技で負けるかい!」とかでも、たぶん問題がないんですよ。アニメやドラマを見る感覚と同じなので。一方で、日本のプロレスもアニメや漫画を見る感覚で見ている一方で、あくまで勝負としてプロレスを捉えているので、もしも試合の合間にいちいち選手同士のドラマとか入っても人気は出ないでしょう。やるならリングの上でマイクパフォーマンス!っていうのが日本のプロレスの風土って感じがします。

          DDTは小さなWWEと言われることがありますが、DDTはWWEのうち日本でも受けそうな部分(主にハチャメチャさ)や、インディーでやるようなお笑い試合や展開、そして日本好みのバチバチ勝負をうまくミックスできているので、新日本プロレスに次ぐ観客動員数を誇っているのだと思います。一方で、ハッスルはWWEの「雰囲気」だけを吸収しちゃったので、頓挫することになったとも言えるでしょう。

           

          要するに、日本とアメリカではプロレス観がまず違うわけです。日本はシナリオよりも試合内容の充実を重視する傾向がある一方で、アメリカは展開重視ってわけです。これについては、築き上げてきた歴史が違うのでいかんともしがたい。なので、今のアメリカだと、新日本プロレスの放送をメジャーな曲でやってもあまり人気は出ないかもしれませんね。最近は、日本のプロレスと割かしスタイルが近いROHが台頭してきていますし、ROHがメジャー曲で中継とかをされるようになれば、新日本を始めとした日本のプロレスがアメリカでも人気が出る確率が高いです。一方でWWEは・・・やっぱり、日本のプロレスに見慣れて、かつ猪木・馬場というバケモノ2人の黄金時代を経験しているため、根付くのは相当難しいんじゃないのかなぁ?スマックダウンは試合内容重視で、日本人選手も多いので人気が出るかもしれませんが、ロウはあまり出ないかもしれませんね。メキシコとかイギリスのプロレスの方が人気出ると思います。


          夢日記、始めます

          0

            JUGEMテーマ:夢日記。

             

            夢日記・・・ゆめにっき・・・窓付き・・・あ、違う。

             

            どうも皆さんドラゴンスープレックス。邪外です。

            夢って見ますよね。色々な夢。で、見た夢を日記に書き続けると、最終的に頭が狂ってしまうとか、一晩で白髪になるとか言われてますね。内容がめちゃくちゃだから、真面目な人にはキツいのかな?

             

            ってことで、検証がてらやってみます。ちょうどいいJUGEMテーマもあるし。ただし、このブログは夜に書いていることが圧倒的に多いので、朝見て、その日の夜まで覚えているくらい印象的な夢があったら、それを書いていこうかと思います。はい、認めます。ネタ切れ対策です。わいは、わいはそうやって生きていくしかないんや!

            なお、覚えている節から書いて、下書きなり予約投稿に溜めていこうかなと思います。

            ※あくまで夢なので、短かったり荒唐無稽だったりもすると思います。その時は、最近当た出来事とか、ふと思ったこととか、嘘で水増ししたり、誤魔化します。そして、あまり覚えている性質ではないので、本当の不定期になる気がします。

             

             

            クローゼットの扉が壊れ、仕方なく父親の車でニトリまで買いに行くこと30分。ヨドバシカメラに到着。ゲーム売り場で小学校の知り合いをすれ違い、父親がクローゼットの扉(でかい)と、何故かガスコンロを3台購入。いらない。車に乗せて家に帰ること2、3分。クローゼットの扉を搬入するときに玄関が破損。がっかりしながらクローゼットの扉を付け替える。その後、母親が聞いたこともない名前のコンビニで買ってきたおでんを夕食に、何故か児玉清さんが司会を務めている「王様のブランチ」を視聴。映画ランキングの1位が知らない映画だし、主演がキングコング梶原。共演者が三國連太郎さんだった。お風呂に入ろうとしたところで目が覚めた。

             

            はい。荒唐無稽。自分で書いていたなんですが、よく覚えてる割にインパクトの薄く、あまり面白くない夢ですね。何でもないようなことが幸せだったと思う的な感じなんでしょうか。フロイト的に分析して、ド変態みたいな結果が出たらどうしよう。

            またよろしくお願いいたします。


            エッセイ:苦肉の策

            0

              JUGEMテーマ:エッセイ

               

              苦肉の策・・・三国志において、呉の武将である周瑜と黄蓋が赤壁の戦いにあたり、必勝の策である火計を成功させるためにとった策。わざと黄蓋は周瑜に反発、周瑜はそれを過剰に罰する。そして、黄蓋は魏に対して内通するふりをして、枯れ草を大量に積んだ船団で近づき、火を点けて突撃。魏の大軍を打ち破った。転じて、現在では自らの行為を隠すために、何かしら違う行為をすることを指す。主にマイナスな方面で。

               

              はい、どうも邪外です。

               

              皆さんも、苦肉の策、したことないですか?ないんですか?本当ですか?

              私、とにかく独り言が多いんですよ。元々、学校の授業中でも(立ち上がったり歩き回ったりはしませんが)手足をムゾムゾ動かしていたり、首をぐねぐね動かしていたり、口をひたすら開け閉めするなど、人畜無害な落ち着かないやつなんですよね。で、10代後半になってから、急に独り言が増えました。例えば道を歩いていて、何か買うものを思い出したときにスッと、本当に無意識に「あ、〇〇買うんだった」って、普通の音量で言っちゃうときがあるんですよね。さらに、何か報道があった小さな事件のその後が気になってしまったりすると「アレってどうなったんだっけ。家帰って調べるか」みたいなのを口に出しちゃうんですよね。少し毛色を変えれば、街の看板とか、宣伝とか、そういったのにも普通にツッコミを入れちゃったりするので、はたから見たらとにかく気持ちが悪いのが私です。

               

              そんな私、いい加減学習しました。学習院大学。なんてツマラナイ駄洒落。携帯電話です。

              携帯電話で話しながら歩いている人なんてのはよく見ますが、最近、こんな人みません?

               

              あの人、何で前見て喋ってんだ?→危ない人か?→あ、手元に何か持ってる!→携帯だ!なるほど、イヤホンもつけてる!

               

              こういう人。あれ、結構大音量で話している人もいて、びっくりしますよね。で、私はそれを悪用しているわけです。歩いているとき、音楽プレイヤーで音楽を聴きながら歩いていることが多いんです。なので、イヤホンはある。そして、外出先には一応携帯電話を持っていくので、携帯電話もある。そう、条件は完璧です。

               

              あ、独り言出ちゃった→携帯をおもむろにポッケから取り出す→誤魔化せる→HAPPY!

               

              私はこうやって、独り言をごまかしているのです。ただし、「アレ買うんだった」みたいな、明らかに他人に関係のない内容の独り言や、前述のようなツッコミだと、電話相手には伝わらないことをツッコんでいるサブイやつみたいに思われます。あぁ、苦肉の策。


              15分一本勝負!ラッツ&スターを知ってくれ!

              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                どうも!邪外です!今回の15分一本勝負(別名、自己満足チャレンジ)は、私が大好きな音楽ユニットでありますラッツ&スターです!文章の途中で終わってても見逃してください。そういうチャレンジなんです。出川哲朗さん風に言うと、リアルガチなチャレンジだから(ここから15分)

                 

                さて、意外と知らないでおなじみの事実と言えば、ソロで活躍してる有名人が昔はグループ活動(場合によっては、解散はしていないが、積極的な活動はしていない)していたこと、ですよね。小田和正さん、さだまさしさん、寺尾聰さん、杉山清貴さんなど、たくさんいらっしゃいます。お笑いなら、130Rの板尾創路さんとほんこんさん、シティボーイズの大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさんですね。

                さて、その中でも、ラブソングの王様、マーチンこと鈴木雅之さんは、ラッツ&スター(1983年まではシャネルズ)というドゥーワップ(コーラスやリズムを人がとる、ブラックミュージックの一種)グループのリーダーでした他ののメンバーは、マーシーことタレント業や事件で世間をお騒がせした田代まさしさん、クワマンとして「志村けんのバカ殿様」に出演するトランぺッター桑野信義さん、現在は音楽事務所の社長をしながら音楽活動をしている佐藤善雄さん、小柄でハイトーンの久保木博之さん、現在は音楽学校の校長でもあるギタリストの出雲亮一さん、ドラムの新保清孝さんで構成(これに加え、脱退を明言しているメンバーが3人)されています。彼らは黒人音楽へのリスペクトと憧れから、マーチン、マーシー、佐藤さん、久保木さんは顔を黒く塗って、小さな踊りと歌唱でパフォーマンスをしていました。今やったら、アレな感じの人々から「黒人差別だ!」って見た目だけで言われそうですね。

                代表曲は「ランナウェイ」、「街角トワイライト」、「め(丸で囲んである)組のひと」、「夢で逢えたら」(この曲で紅白出場)などですね。他にもいろいろありますが、基本テレビで見るのはこの4つです。

                現在は、マーチン、クワマン、佐藤さんに、ゴスペラーズの村上さんと酒井さんを加えたゴスペラッツとしても活動をしています。で、ラッツ&スターとしては、80年から85年、87年、96年に活動をしており、96年にはマーチン、マーシー、クワマン、佐藤さん、久保木さんのなど一部のメンバーで「夢で逢えたら」を発売、紅白にも出場、ゆくゆくはグループ活動の継続も考えていましたが、2000年にマーシーが逮捕されたこともあり、立ち消えになったようです。

                 

                マーシーが何度も捕まった結果、映像が使えないorマーシーだけモザイクという状態がとにもかくにも長かったこのグループですが、最近のマーシーはダルク(薬物更生施設)で真面目に働いているようなので、お陰様で、本当にお陰様で、80年代の名曲プレイバック!的な番組でも映像が使われることが増えてきました。ありがたいこってす。

                 

                ですが、やはり、フルメンバーでの活動が見てみたいものです。久保木さんは一般人に戻られたようですが、うーん、やっぱり見たい!みなさんも、ベストアルバムでもオリジナルアルバムでもいいので、ぜひ聞いてみてください。和製ドゥーワップにハマります。

                 


                バイオリンの楽譜の話

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  どうも!邪外です!今日もそれなりに元気です。

                   

                  さて、以前、このブログにも書いたと思うのですが、バイオリンをやっているんですよ。実は。え?ブサイクでデブのくせにって?おい!葉加(略

                   

                  気を取り直しまして、下手の横好きとはいえ、子供のころからバイオリンを習っているんですよ。楽しいんですよ。ギターは学校の授業でやりましたが、あんな指の使い方を私は認めません。

                  このバイオリン、ピアノや金管楽器などのように、何かしらの曲をわかりやすく弾くのに向いているのですが、実は、とある問題を抱えているのです。

                   

                  例えば、何かゲーム・・・ファイナルファンタジーとか、ドラゴンクエストとか、もしくはアニメ・・・ディズニーとか、ジブリとか、そういうので使っている楽曲を弾きたいなって思った時、何を必要としますか?根性?確かに大事です。やる気!やる気元気いわきです。テクニック?私にないものです。正解は、楽譜です。そう、楽譜です。そう、楽譜です。だいじなことなので3回も言いました。

                  この楽譜なのですが、市販のものから、個人が趣味でネット上に掲載し、フリー配布しているものまで色々とあります。便利な世の中です。You Tubeに楽譜付きの動画を上げる人もいるくらいですからね。公式の楽譜じゃない場合、少し違うってこともは多々ありますが、そこは記憶で補えるので、おおむね弾けるんですよ。ですが、この楽譜、恐ろしいことに、ピアノばっかりなんです。

                  ・・・サイナモー、サイナモー。ナッジナッジサイナモー。セイ!ノー!モア!わかっております。わかっておりますとも!世界で最も市民権を得ている楽器がピアノだということは!普通に買ったらバイオリンよか高いのに、無料で買える腹太鼓よりも市民権を得ていることは!なので、売っている楽譜、配布されている楽譜がピアノだらけなのは仕方のないことだとは内心、承知しているんです。ですが、納得がいかない!前述のとおり、バイオリンは結構いろんな音が出るので、ピアノと張り合うことも可能です。確かに、ピアノは同時に大量の音が出せるので迫力がありますが、それは・・・ねぇ?ズルイじゃないですか。

                   

                  だから、世の中に少しだけ存在するバイオリンの楽譜を探し出し、それを弾くしかないんですね。弾きたいな!→楽譜あった!→いやピアノだけかーい!なんてのも日常茶飯事なわけですよ。もう少し、バイオリンの楽譜が増えればねぇ・・・ピアノの楽譜から、メインの音を抜けば弾けるっちゃ弾けるんですけど・・・私、そこまで楽譜よくわからないんですよね。

                  今はドラッグオンドラグーン3と、ニーアオートマタの楽譜を探しています。できれば実物をお店で購入したい派なので、ネットは最終手段かな。

                   

                  ん?誰だ?下手の横好きでデブでブサイクなんだから、弾けたところで意味ないだろとか言ったのは!貴様ー!葉加s(略)


                  チャレンジエッセイ:15分1本勝負!外国の漫画の効果音

                  0

                    JUGEMテーマ:エッセイ

                     

                    チャレンジエッセイとは!15分で1本のエッセイを書き切ろうという、自分のスキルアップという名の自己満企画である!(こっから15分)

                     

                    はい、みなさんパイルドライバー。邪外です。

                     

                    アメコミとか言われる海外の漫画って読んだことありますか?私は、絵柄とストーリーがあんまり好みじゃないので読まないんですけど、インターネットとかやってると、情報が入ってきたりもしますよね。

                    で、今回は効果音の話がしたいのです。例えば、日本の漫画とかで、キャラクターが誰かを殴ったとしたら「ボコッ!」とか「バキッ!」とかいう効果音がついて、地面に転がった時は「ズザザー」とか「ドサッ」って効果音が付きますよね。たまに、ズボンを履くときの効果音が「ズボン!」とか、メールを打つときの効果音が「めるめる」だったりもしますが、何にせよ、独創性があったり、聞いたままの音を使いますよね。斬るときは「ザシュッ」ですし。

                    一方で、海外の漫画の効果音っておかしくないですか?例えば、ヒーローが悪役を殴ったら「PUNCH!」、何か爆発したら「BOMB!」、何かを斬ったら「SLASH!」・・・・いや、コマ見たらわかるがな!関西人でもないのに関西弁っぽくなっちゃったYO!いや、でもわかるじゃないですか。明らかに、腕を振って、相手の顔の拳がめり込んでいるわけですから、どう考えても殴ってるじゃないですか。じゃあ、人を殴った時に「PUNCH!」って音がしますか?!しませんよね?!しませんよね?!爆発で「BOMB!」は、まぁ「ボーン!」とか「ドカーン!」に通じるものがあるので【可】ですが、何か切っても斬った「SLASH!」とは聞こえない。絶対に聞こえない。

                     

                    もしかしてなんですけど、海外って文化的に、何かから音を抜き出すのって苦手なんですかね?最近は日本の漫画の影響もあってから、BAKOOON!みたいなのがあるみたいですけど、それまでは基本的に前述のような表現だったわけです。ってことは、一々「PUNCH!」って書かないとパンチしているかどうかわからないってことじゃないですか。あんまり、海外の事情について詳しくないし、英語力も中2くらいなのでアレですけど、想像力の問題なんじゃないですかねぇ?それに、「BOMB」って爆発じゃなくて爆弾じゃないですか。となると、仮に怪人のビームで爆発した場合、「BOMB」ではないですよね。とくると、ちょっとした誤解が起きるのでは?と思うわけです。

                     

                    日本の漫画で、相手を殴った時に「殴打!」とか、斬った時に「斬撃!」とか出てたら、絶対笑っちゃいますものね。『ギャグマンガ日和』のネタにしかみえませんもの。

                    文化の違いなんでしょうけど、やっぱり、馴染めませんよねぇ。

                    すげぇ!15分でまとまった!(短いけど)


                    名人への道

                    0

                      JUGEMテーマ:ゲーム

                       

                      説明しよう!名人とは、読んで字のごとく、誰もが「名人」と唸るようなゲームプレイヤーのことである!しかし!その素質は強いということではなく、うまいということなのだ!

                      具体例を挙げて説明しよう!

                      大乱闘スマッシュブラザーズならば、名人と言われるためには強いだけではなダメなのだ!それはただの上手な人だからだ!名人と呼ばれるためには、勝つにしても勝ち方へのこだわりをみせる!相手の技をわざと受ける!華麗に避ける!時には自分の沢や自分が使ったアイテムでわざと自爆!タイミングを読んだアピール!盛り上がりのためなら相手に勝ちを譲ることも辞さないプロ意識を持つ!それくらいの素質が必要なのだ!

                      ・リンクを使い、ボムを持って相手に突撃!

                      ・キャプテン・ファルコンプレイで、ファルコンパンチ以外で相手を吹っ飛ばさない!

                      ・相手が離れていると、同じアピールを連発!

                      ・ボム兵などの爆発力の強いアイテムを持って相手に突っ込み、もろとも大爆発!

                      ・リアルでのリアクションも大切に♪

                      少なくともこれくらいは満たさなければ、名人とは言われないのだ!

                       

                      次にゼルダの伝説シリーズだ!

                      ・アイテムはすべて揃える!

                      ・すべてのサブイベントをクリアする!

                      ・ハートの数を最大まで増やす!

                      ・ジャンプ斬りや回転切りで敵を倒すこだわりを!

                      ・馬に乗ってこそ勇者!

                      少なくともこれくらいは満たしてもらうぞ!ハートは意外と時間がかかるぞ!サブイベントも長尺のものが多いな!

                       

                      最後にテイルズオブシリーズだ!RPGなら、普通にサブイベントとか全クリすれば名人なんじゃないの?って?それは違う!

                      ・技のセットは基本技から奥義まで

                      ・パーティメンバーにもこだわりを!

                      ・スペクタクルズですべてを調べる!

                      ・サブイベント、スキット、アイテム、モンスター、称号…ありとあらゆるものをその手に!

                      ・ボスを倒すのは秘奥義!すくなくとも奥義!

                      少なくともこれくらいはやらなければ名人と呼ばれないぞ!格闘ゲームより難しいな!

                       

                      君も名人を目指してみないか?!私?私が名人かって?はーっはっはっは!私も未熟者だ!トウッ!(飛び去る)

                       

                      P.S.これを書いたときは、体調が悪かったです。気持悪この記事。でも載せちゃう。


                      | 1/13PAGES | >>